オフィスムディタ マンション管理士事務所 マンション管理士 大塚哲也

マンション管理士 大塚哲也

管理委託契約・管理会社業務の診断

管理委託契約書の内容が適正に実施されているか診断し、必要であれば管理会社を変更します。

―管理委託費が高い、ボラレてる?とても心配。
―今の管理会社とは長いお付き合いだが、この頃緊張感が欠けていると思う。
―管理会社を変更したいが、なぜ変更するのか合理的に説得できない。
―これまで管理会社に改善を申し入れたことがない。これって理事会の仕事?

サービス内容

マンション管理士が現状の管理委託契約書と管理会社の業務内容を調査・分析し、管理会社の業務内容と管理委託費が適正かどうか中立の立場から診断し理事会で助言します。診断の結果、業務改善が必要となれば管理会社へ理事会と共に申し入れを行い、改善を促します。ケースによっては管理会社変更手続きへと移行します。管理会社変更の場合は、新管理会社選定の手続き、管理委託契約締結まで支援します。

期間

管理委託契約書と管理業務実施状況の診断は、理事長や管理会社・管理員とのヒアリングのためのアポ、管理員業務の現認作業の有無などによりますが、概ね1~2か月。管理会社変更となった場合、新管理会社との業務委託契約締結まで概ね6か月。

報酬

管理委託契約書および管理業務実施状況調査・診断・理事会での助言 100,000円~
管理会社変更支援業務 300,000円~
 共に、理事会出席回数、調査・診断の難易度、住民説明会・総会開催支援等により、30,000円~100,000円の追加費用が発生する場合があります。

管理組合の声

〇管理会社への不信感でいっぱいだったが、管理委託契約書の内容を洗い直し、管理会社へ必要な要望を伝えられたことはよかった。管理士さんに中立的な立場で診断と助言をしてもらったことが良かったと思う。管理会社へ無理なお願いをしていたところもあり、この点は反省してます。

〇管理会社を変更しなければならない状況でしたが、どうやって変更したらよいのか、どこに変更したらよいか、変更しても何も変わらなかったら大変、、、、ともかく不安でいっぱいでしたが、専門家の支援を受けて全てがうまくいきました!