オフィスムディタ マンション管理士事務所 マンション管理士 大塚哲也

マンション管理士 大塚哲也

サービス導入までの流れ

〇マンション管理組合支援サービス導入までの流れを説明します。

1.まず無料の個別相談をご利用ください。個別相談申込フォームよりお申し込みいただけます。個別面談の際は、可能な限り資料(管理規約、直近の総会議案書、理事会議事録、管理委託契約書など)をご持参ください。

**個別面談の場所は銀座6丁目(東銀座駅から徒歩3分)の弊社打ち合わせスペース、または東劇ビル8F(東銀座駅から徒歩2分)の打ち合わせスペースにて、1時間程度を予定しております。弊社プライバシーポリシーはこちら

2.面談後、必要であれば現地訪問などの事前準備の後、サービスの概要と大凡の報酬についてご連絡いたします。案件によっては建築士、弁護士、税理士などの専門家を紹介いたします。

3.理事会などにサービスの内容と正式見積書について説明に伺います。サービス内容・期間、想定成果物、報酬支払条件など、十分に納得いただけない場合はここでお断り頂いても大丈夫です。

—以上までは管理組合の費用負担はございません—

4.理事会・総会決議など、管理組合内でのお手続きを踏んでいただき、正式契約書の調印、サービスの開始となります。

 

〇個別面談にはオフィスムディタ 代表マンション管理士の大塚哲也が対応させていただいております。

<大塚哲也プロフィール>
オフィス・ムディタ株式会社 代表取締役社長、マンション管理士、宅地建物取引士、管理業務主任者登録、一般社団法人東京都マンション管理士会 都心区支部事務局長。規約改定支援から大規模修繕事業運営、IT、組合会計までオールラウンドに管理組合を支援できるスーパー管理士と評判。マンション管理診断を得意とする。絶対失敗しない管理組合支援は他の士業事務所との連携が必須との考えから、多くの士業事務所とのネットワークを大切にしている。中央区都市整備公社マンション管理相談員・マンション管理相談派遣員、港区マンション管理相談派遣員、財団法人まちみらい千代田マンション管理アドバイザーとしても活躍。行政と管理組合との連携にも注力している。